多くの人に読まれる為にブログのジャンルは吟味して

ブログ記事を作成する上で最も重要なのは、多くの人に関心を持たれる為の記事ジャンルのチョイス、そしてそれに関する自らの取組みといった体験や経験という事になるでしょう。

どんなに自分が得意で引出し豊富なネタを持っていたとしても、それが世間一般の読者のニーズからあまりにかけ離れているニッチなジャンルであれば有用性も極めて低く、どれだけ上手い文体のブログに仕上げたとしても、殆ど無視されてしまうに違いありません。

それだけブログに上げるネタというのは重要であり、多くのアクセスを稼ぐにはこのポイントから慎重な吟味を重ねなければなりません。
そのバックボーンとなってくるのは多くの人間臭い生活経験や社会経験であり、自らその中で体験した事や工夫し成功した事等をサービスや商品等を織り交ぜて紹介し、読者の参照や共感を呼べる様になれば自然とアクセス数も増え、ブログとして一応の成功を収められるに違いありません。コンテンツライティングやSEOライティングなどはその後考えればよいのです。

ただ自分の得意としているニッチな分野が全く必要無いのかと言えばそうでも無く、あくまで少数ではあるものの、同じ趣味を持つ人々に対しては安定したニーズを有している事は確かです。それらの人々を相手に自分の得意分野で文体やPRのテクニックを磨き、一般的な内容のブログにその技術をフィードバックさせてゆく、といった方法を取るのも良いでしょう。