ウェブライターのネタ集めと文字数が足りない場合の工夫の仕方

ウェブライターとして仕事をしたいけれど、そんないろいろなテーマの記事を自分で書けるか心配な人もいるでしょう。

ネタというのは意外にいろいろなところに転がっていますが、面白いネタを用意するためには普段から「突っ込み上手」であると良いです。自分が見聞きしたことに対し、それを黙って受け入れるのではなく突っ込みを入れることができると、それをネタにすることができます。また、ブログ記事等の場合は突っ込みがあった方が読んでいる側も楽しめるものです。そして、ネタ帳などを作っておくことも方法の一つです。ネタはその時は面白いと思っても、忘れてしまうこともあるものです。そのため日記やネタ帳を付けて自分の中の引き出しを増やしておきましょう。

ネタに困ったら、誰かに効くことも一つの方法です。私も恋愛に関してブログ記事を書く際、男性側の意見はどうしても分からないため、主人に聞くことがあります。実際の取材のようになりますが、もし知り合いで経験者がいたりしたら、その人に話を聞いても良いでしょう。しかし誰かの助けを借りる場合は、その内容を記事にしても良いかどうか事前に確認する必要があります。誰でも、自分の体験談を勝手に利用されたら面白くないですからね。

そして、どうしても長く書けないということも出てきます。文字数設定があるのにも関わらずその文字数に足りない!という場合、無理やり語尾を伸ばしたり、漢字の変換を日本語にするなどはもっての外です。もし文字数が足りない場合は、書いた内容をより詳しくしてみるか、最後に感想を書き足してみるところから始めましょう。書いた内容をより詳しくする方法はまずおススメですし、それぞれの段落に感想や突っ込みを入れることも良いでしょう。また、違うネタがある場合は、それを新たな段落として加える方法もあります。とにかく無理やりそれぞれの文章を引き延ばすのではなく、何か新たなことを書き加えるようにしましょう。

PR|生命保険の選び方|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|初値予想|貯蓄|JALカード||女性向けエステ.com|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|GetMoney|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|